HOME > 注目商品 > フッ素樹脂(Fluon®)

フッ素樹脂(Fluon®)

Fluon® ETFE

ETFEは熱可塑性フッ素樹脂で、テトラフルオロエチレン(C2F4)とエチレン(C2H4)の共重合体です。
ETFEは代表的なフッ素樹脂であるPTFE、PFA、FEPに匹敵する耐薬品性、電気的特性を保持しつつ、機械的特性と極めて容易な成型加工性を兼ね備えることで一歩進んだ、フッ素樹脂の中では丁度中間的でバランスの取れたフッ素樹脂です。

Fluon® ETFE の特長

電気特性
優れた絶縁性があり、薄い被膜で高い絶縁強度を示し、 また広い周波数領域で低い誘電率、誘電正接を示します。

 

耐熱性
-200~+180℃までの広い温度領域で使用でき、安定した機械的性質、電気特性を維持します。 +150℃での連続使用が可能です。

 

耐薬品性
強酸・強アルカリをはじめとする、ほとんどの薬品に優れた耐薬品性を発揮します。

品番

Fluon® ETFE ETFE樹脂
Fluon® LM-ETFE 融点が225℃と低く、従来のETFEより約50℃低い温度での成型が可能
Fluon LM-ETFE AH series 接着性を付与し、他素材との溶融接着が可能。

Fluon® ETFE の用途

電線被覆

広い温度範囲での絶縁性と安定した電気的特性を有すると共に機械的強度、繰返し折り曲耐性も保有するため、最適電線被覆材として実勢があります。

チューブ

成型表面の平滑性を生かした非粘着性を持つことで粘度の高い液体搬送チューブとして経済的にご使用になれます。

各種ライニング・コーティング製品

酸、アルカリ、溶剤等ほとんどの薬品に侵されないとともに、低温・高温状態また加減圧状況にも実績があります。

*他樹脂との積層チューブ、積層フィルム

接着剤や表面処理無しで他素材との積層成形を可能とします。
*LM-ETFE AH seriesのみ

お問い合わせ先

この製品については、当社 大阪営業部までご連絡ください。

TEL :06-6443-3391

ページトップへ