HOME > 注目商品 > アフレックスフィルム

アフレックスフィルム

アフレックスは、フッ素化学のトップメーカーであるAGC旭硝子が、原料から一貫して生産しているフッ素樹脂フィルムです。 AGC旭硝子が生産するETFE(4フッ化エチレン(C₂F₄)とエチレン(C₂H₄)の共重合体)を原料樹脂とし、独自の成形法により厚さ12~500μmに加工。可塑剤等の添加剤は一切含まず、耐熱性、耐薬品性、耐候性、光線透過性、非粘着性、機械特性、電気絶縁特性といったフッ素樹脂本来の性質をそのままに保ちながら、柔らかさや強靭さも併せ持つ、高機能で使いやすいフィルムとして展開しています。

アフレックスの特長

耐熱性 UL規格94VTM-0(250μm以上はV-0)の難燃性材料で、-200℃から200℃の幅広い温度領域で使用可能です。+150℃での連続使用が可能です。
*例:プリント基板用離型フィルムとして
耐薬品性 多くの薬品に対し不活性。強酸性や強アルカリ性の化学物質にもほとんど侵されません。
耐候性 紫外から赤外領域まで優れた耐候性を備え、長時間の屋外曝露でも高い光線透過性や機械特性を保ちます。16,000時間の耐候性促
進試験(実曝30年以上に相当)でも、ほとんど劣化が見られません。
光線透過性 全光線透過率が95%(50µmのフィルムの場合)と高く、太陽光をほとんどそのまま通します。
非粘着性 防汚性や離型性に優れています。屋外で使用する際、表面にたまるホコリな等が落ちやすく、室内で使用する際も、付着した汚れを落とすのが容易です。
機械特性(柔軟性) 高い柔軟性を持ち、室温条件でも400%以上、100℃以上の高温では600%以上の引張強度を示します。そのため、複数形状のモールドでもよく追従します
電気絶縁特性 薄いフィルムでありながら高い絶縁強度を発揮します。また、広い周波数領域で低誘電率、低誘電正接を示します。

アフレックスフィルムの用途

エレクトロニクス

アフレックスは非粘着性や柔軟性に優れ、200℃の高温に耐えることから、半導体やプリント基板製造工程での離型フィルムに適しています。しかも、樹脂中に添加剤・可塑剤などを含んでいないため製品、機器などを汚染することがありません。エレクトロニクス産業におけるものづくりを原点から支えています。

まだまだ広がるアフレックスの活用例

高機能で多彩な特性を持つアフレックスの活用シーンは、エレクトロニクスや建築分野にとどまりません。例えば、汚れがつきにくく落としやすい壁紙や家具の保護材に、また、耐薬品性と不純物低溶出性から医療用資材にも使用されるほか、絶縁部材としてもすぐれた性能を発揮します。私たちを取り囲む環境、そして暮らしの幅広い分野で新たな可能性が広がっています。

お問い合わせ先

この製品については、当社 化学品部までご連絡ください。

TEL :03-3661-3125

ページトップへ